ブログタイトル変わりました
よろしくお願いいたします!

東京新聞 全国舞踊コンクール 2014

今日は東京新聞のバレエ部門決選日。

昨年同様、なぜかどしゃぶりの中
目黒パーシモンホールに出かけてきた。

残念ながらジュニアしか見ていないので
児童の結果には何も言えない。

でも今年はローザンヌ効果か、例年より観客が
多かったような気がする。

ジュニア部門だと言うのに、小さいお子さんを
連れた、出場者の身内とはあまり思えない感じの方々も
見えたような気がしたのだが、どうだろうか?

さて、結果について。
意外だったのは男子の入賞が少なかったことだ。
ジュニアの男子は伸びしろを考えて評価しないと
まだまだ体の成長の途中だ。
その視点で見ると、なかなか楽しみな感じの子が何人か
いたのだが、審査員の先生方には魅力は感じられなかったようだ。

正直に言って、今年も全体的には納得しがたい結果だった。
東京新聞はなぜか1位から発表するのだが
上位はともかく発表が進むにつれて、会場がだんだん???
みたいな空気に包まれていったような気がしたのだが
私の個人的感覚だろうか?

とても東京新聞らしい、きちんとした踊りの上位入賞者もいれば
東京新聞らしくない、どちらかと言うと回ったり高く上げたり派手な
タイプの入賞者もいた。
そう、なんだか一貫性がないような気がしたのだ。
コンクールの特色が無くなってきたと言えばいいのか?
まぁ、コンクールに媚びて、このコンクール向けの踊りを・・
というのもなんだが、でもコンクールの特色は大切なのではないだろうか?

とはいえ、時代が変わればバレエの基準も変わるのだから
コンクールの入賞者の傾向が変わるのも当然なのだろう。
今は過渡期なのか?今一つ基準が見えない結果だったとだけ
私は言っておきたい。(って誰にも聞かれていないのだが^^;)

出場者の皆さん、本当にお疲れ様でした!
みんな、みんなそれぞれ輝いていて素晴らしかったです!
若いって素晴らしい!!^^






この記事へのコメント
先程、トゥシューズの選び方の所でゼペットおじさんのお店の質問をさせて頂いた藤本です。
2014年の春でブログの書き込みは終わられちゃったのですか???
Posted by 藤本マキ子 at 2015年05月23日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。